2020年12月末の資産総額は807万円でした[先月+52万円]

ポートフォリオ保有資産
この記事は約3分で読めます。

明日は大みそかです。今年もあっという間に1年が経過し、また一つ歳を取りました。

結局、新型コロナウイルスは終息せず、年末を迎えてしまいました。来年は、人類がウイルスに打ち勝ち、明るい年になることを切に願います。

今月の資産総額は807万円で、先月から52万円のプラスになりました。

妻を早期退職させてあげられる金額まで、あと2193万円です…

2021もがんばります!

ポートフォリオには、チャイナコードブラッド[CO]が仲間入り!

ダウ、S&P500、ナスダックは、高値圏で推移しており、非常に買いづらい状況が続いています。

さらに、トランプ大統領が国民に2000ドルの小切手を配る法案を議会に提出し、下院を通過しています。

ここからさらに株式指数は上昇していくのかもしれません。

ただ、経済指標は冷え込んでおり、株高に実態が伴っているとは思えません。

私は、ケチなので、このような割高な水準だと中々投資に踏み切ることができません。

そこで迷ったあげく、株式指標が伸び悩んでいる中国で、異様な成長を遂げているチャイナコードブラッド[CO]という銘柄に投資してみました。

チャイナコードブラッドについて

臍帯血バンクの会社です。主に中国国内で事業を行っています。

臍帯血とは、赤ちゃんのへその緒からとれる血液のことで、同血液には、幹細胞が非常に多く含まれているそうです。

現在、臍帯血は、白血病の治療薬として使用されています。

これまで、白血病と言えば骨髄移植のイメージでしたが、臍帯血は骨髄よりも血液の型が一致しやすいため、使いやすいそうです。

ただ、採取できる量が少ないため、体重の重い成人には使えないこともあるそうです。

さて、以下は、チャイナコードブラッドの売上等の推移です。

ものすごく伸びてます。2010年からの10年で6倍近い売り上げになっています。

そして、なんといっても利益率がえぐい。

2020年の利益率は、驚異の40%です。

そんな利益率なので、キャッシュフローの伸びもすごいです。

こんなに現金ため込んでどうするつもりでしょうか。無配なので配当出してほしいです。

現在中国国内で、8万人の顧客がいるそうですが、中国人は10憶人いますからね。これからどれだけ顧客を獲得できるでしょうか。

私的には、期待大の銘柄です!

時価総額が400憶円程度ということもあり、テンバガーも狙えてしまうのでは?と思っています。

IPOに当選しました

今月は、当社のボーナスが激減との発表があり、資産800万円到達の目標は達成できないかと思われました。

しかし、奇跡的にIPOに当選し、それが一撃+20万円の利益になりましたΣ(・□・;)

捨てる神あれば拾う神あり。

年の瀬に、本当にありがたいボーナスをいただくことができました…

(速攻で売却しました)

個別株の評価損益

中国株2銘柄以外は、プラスになっておりいい感じです。

アリババは、ぜひ買い増したいですね。香港市場で購入してみたかったので、今、香港ドルを買い集めています。

今年は、ほんとにいい感じにプラスで終えることができました。

1月に欲しい銘柄

アリババは独占禁止法違反で制裁があるとの報道がありました。

楽天は、携帯事業のライバルドコモが2980円の格安プランを打ち出したため、株価が下落しています。

この2銘柄が欲しいです!

そのほか、米国株・インド株は高すぎて買えないので、中国株・日本株・イギリス株辺りを狙っていきたいと思っています。

コメント

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

タイトルとURLをコピーしました