コロナワクチンの職域接種で若干体調を崩しました。

ブログ
この記事は約2分で読めます。

ぶたねこです。

先週、弊社で行われた新型コロナウイルスワクチンの職域接種を受けてきました。インフルエンザワクチンと同じ感覚で受けてきたところ、さすがにインフルエンザワクチンよりは副反応が大きかったです。

結論から言うと、熱も出ましたし、ワクチンを打った腕は今もまだ痛いです。

1回目でこれだと、2回目はちょっと心配だな~というのが今の正直な気持ちです。

当方30歳男性です。接種の状況等を記事にしていこうと思います。これから接種する方の参考になれば幸いです。

接種自体はあっという間で、痛み無し

予診票を記入→受付→接種まで、ものの数分で終了しました。

注射をしてくれた先生は若い男性の先生でしたが、腕がよかったのかインフルエンザワクチンの予防接種よりも痛くなかったです。

その後、15分待機するように言われたので、ちょっとビビっていた私は25分くらい待機した後、帰宅しました。

接種後1時間してから打った腕に違和感

最初は全然余裕だなと思っていましたが、1時間を超えたあたりから注射した左腕がズーンと重くなり、血の巡りが悪くなっているような、微妙な不快感を覚えるようになりました。

さらに1時間を過ぎたあたりから、全身がだるくなってきました。しかし、このときは熱も(多分)なく、日常生活にまったく支障はありませんでした。

翌日発熱&全身の倦怠感&接種した腕の痛み

当日は、お風呂にも入り、余裕綽々でおりましたが、翌日になると熱が「37度6分」くらいまで上昇しました。

それとともに、全身の倦怠感を覚えるようになりました。

ただ、動けないほどのものではなく、軽い風邪を引いたくらいの体調の悪さでした。

接種した左手は、接種翌日の夜に痛みのピークが来ました。左腕を下にして寝るのは痛くてきびしいですが、左腕に自重をかけなければ違和感なく眠れるくらいの痛みでした。

次は4週間後の接種です。

接種から翌々日の本日は、熱も下がり、全身の倦怠感もなくなってきました。左腕はまだ結構痛いです。

ニュースでは、2回目の接種の方が重くなるとの報道もあります。2回目を接種したらまた記事にしていこうと思います。

コメント

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

タイトルとURLをコピーしました