マネックス、SBI、楽天証券の為替手数料を比較してみました。

株式投資
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

為替手数料は外貨両替の際発生する手数料。

金融商品を購入するときできるだけ手数料を安くしたい。できれば払いたくない。そんなケチな僕です。

米国株を購入するときには、日本円を米国ドルに両替して、ドルで購入する必要があります。両替をするときに、金融機関ごとに決められたスプレッドの額が、為替手数料としてかかります。

スプレッド – 金融用語で、異なる市場や限月での金利差や価格差のこと。

あなたが、米国ドルをほしいと思って、100円を払って1ドルを購入したとします。

スプレッドが1ドル:1円だった場合、あなたが1ドルをゲットするのには100+1=101円かかります。スプレッドってそういうもんです。

早速3大ネット証券会社の為替手数料を比較してみる。

まずは米国株取引銘柄ナンバー1のマネックス証券。

マネックス証券

1ドル:25銭かかるようです。

では、楽天証券はどうでしょうか。

楽天証券

こちらも同じく1ドル:25銭ですね。

最後は、SBI証券です。

SBI証券

こちらも1ドル:25銭

って全部同じなんかーい。ルネッサーンス( ^^)Y☆

FX口座や外国普通預金を使えば、もっと安い。

流石に、全部同じという結論では、記事を書く意味がないのでもう少し調べてみます。

まず、マネックス証券は、為替手数料無料キャンペーンを3か月に1回くらい行っています。

なんと手数料0円。こりゃうれしい。

キャンペーン中なら無料で両替できちゃいます。ただ、キャンペーン中だからといって、為替レートが円安に振れているときは、両替は控えたほうが良いかも。

そして、2019年7月以降は、買付時の為替手数料が無料になっています!これはいいですね。2020年4月以降も継続となっており、マネックスは、恒久的に買付時の為替手数料を無料にしてくるかもしれませんね。

次に、楽天証券ですが、調べてみたが特になし!もう少しがんばってほしいです。楽天証券でお得に両替できる方法を知っている方がいたらご連絡下さい。

最後に、SBI証券ですが、SBI証券のFXサービス(SBI FX α)で買ったFXの建玉を「現引き」してSBI証券の余力に反映させることができます。スプレッドはたったの0.5銭!

しかし、単位が1万通貨(1ドル=100円ならば100万円)からの両替になるので、最低でも100万円分程一気にドルに換える必要があります。そんなにお金持っていません。

そのほかに、SBI証券では、外貨入出金サービス(外貨即時決済サービス)を使って、住信SBIネット銀行で保有している外貨普通預金を、SBI証券の証券取引口座に入金する方法があります。

この場合のスプレッドは1ドル:4銭です。

こちらは、キャンペーンでなくても通年使えますし、往復の手数料は1ドル:8銭となるため、マネックスのキャンペーンよりもお得です。

マネックスでは、買付時の手数料は無料でも、円→ドルに替えるときには1ドル:25銭の為替手数料がかかってしまいますからね。

さらに、SBIネット銀行では、時々外貨預金セールもやっているようです。セール時はマネックス証券と同じく手数料0円!こりゃお得で。

スポンサーリンク

まとめ

各社の為替手数料(片道)。SBIの外貨普通預金の場合は4銭です。表作成を間違いました

為替手数料に関して、一番安いのはSBI証券です。

1ドル=100円の為替レートで、スプレッドが25銭なら
100万円分ドルに換えると2500円の手数料がかかります。
10万円分ドルに換えると250円の手数料がかかります。

この手数料を高いと考えるなら、米国株はSBI証券で購入することを検討しても良いですね。ケチな僕としてはSBI証券の為替手数料の安さは、とても魅力的に見えてしまうのでした。

コメント

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

タイトルとURLをコピーしました