[SIFY]インドIT企業サイファイ・テクノロジーの銘柄分析。私は毎日購入してます。

株式売買 インド株
この記事は約4分で読めます。

私の主力銘柄に、インドIT大手のインフォシス[INFY]があります。

米国ADRとして上場しているインドIT企業は、インフォシスのほかに、ウィプロとサイファイテクノロジーがありますが、私はサイファイにも投資をしています。

その理由と、サイファイの実力について記事にしていきたいと思います。

スポンサーリンク

事業内容

引用:https://www.sifytechnologies.com/

サイファイ・テクノロジーの事業内容は以下のとおりです。

ネットワークサービス

データセンターサービス

クラウド・マネジメントサービス

アプリケーション統合サービス

テクノロジー統合サービス

インド国内で、ITサービスを手広く行っています。

引用:https://www.sifytechnologies.com/
引用:https://www.sifytechnologies.com/

googleやMicrosoftのように、特色のある企業ではありません。

しかし、モディ政権下のインドは、デジタルインディアという政策を遂行しており、行政のデジタル化が進められています。

国策として行われるデジタル化ですから、国内企業が使われる可能性は高いのではないかと思います。

日本の官公庁もNTTデータや富士通製のソフト・ハードウェアが多いイメージですね。

そして、今後も、クラウドサービスやデータセンターサービスは急伸することが予想されますから、投資しておいて損はないのではないかと感じています。

株式指標(株価・配当等)

【SIFY】サイファイテクノロジー
finviz dynamic chart for  SIFY

株価1.17ドル
PER12.19
EPS0.096
配当無配(2019)
時価総額2.1憶ドル(210憶円)
2020年12月28日現在

株価は長期にわたって低迷しています。

また、2018年以降株主への配当を行っていません。

PERは12倍と比較的割安な水準です。

そして、私が特に注目しているのは、時価総額です。

たったの2.1憶ドル(210憶円)でしかありません。

インフォシスの時価総額は600憶ドル近いですから、300分の1の規模です。

それだけ、事業規模が小さいと言えますが、もしも急成長を遂げることができれば、テンバガーも夢ではありません。

2020年には、インドのトップ500企業をランク付けする「FORTUNE INDIA」で、454位にランクインしました。

インド国内での注目度も少しずつ上昇しているようです。

売上の成長等

引用:yahoo finance

売り上げはドルベースでもじわじわと伸びてきています。

引用:https://www.sifytechnologies.com/

インドルピーベースで見れば、2015年から売り上げは1.5倍にまで成長しているようです。

毎日購入している理由

毎日購入の理由は、サイファイテクノロジの1株価格が2ドルを下回っているからです。

SBI証券では、約2ドル以下の取引は手数料が無料です。ですから、サイファイテクノロジが現在の価格水準のうちは、毎日1株ずつ購入することで、手数料から逃れることができます。

…そして、その代償として、大量の取引報告書と格闘することになります。

どれが大事な報告書なのかわからず、非常にストレスが溜まりますね(*’ω’*)

まとめ

米国株式市場では、株価が1ドルを下回ると、30営業日連続以内に1ドル以上を回復しなくては上場廃止になってしまいます。

サイファイテクノロジーも、今回のコロナ禍で株価が1ドルを下回ってしまいましたが、2020年12月末現在では、1ドルを回復して上場廃止を免れています。

今後も上場廃止の危機に何度も陥るかもしれません。

しかし、私は、サイファイテクノロジーに比較的強気です。

インドが経済成長する可能性は、かなり高いと思っているからです。

そして、サイファイテクノロジーは、その成長の恩恵を受けることができると思っています。

将来のテンバガー銘柄となることを夢見て、今後も毎日購入していきたいと思います。

コメント

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

タイトルとURLをコピーしました